FX(外国為替証拠金取引)のはじめ方 FX(外国為替証拠金取引)のはじめ方 運営スタッフ紹介 FX(外国為替証拠金取引)のはじめ方 サイトマップ


   FX(外国為替証拠金取引)のはじめ方 > FXにかかる手数料の種類

FXにかかる手数料の種類


FX(外国為替証拠金取引)で外貨投資をやる際には、2種類の手数料がかかります。


・ 売買手数料
・ スプレッド(買値と売値の差)


の2つです。



また、これ以外に口座維持手数料がかかる証券会社(FX業者)もありますが、ほとんどは無料なので、あまり気にする必要はありません。



それでは、どういう風にして2つの手数料が決まるのか、詳しく説明したいと思います。




FX(外国為替証拠金取引)の売買手数料

FXの売買手数料は、

1単位(通常:1000 or 10000通貨)=◯◯円

という形で設定されています。



例えば、1単位=500円のFX業者で、米ドル3単位(30000ドル)を取引したとすると、


・ 1単位:500円×3単位(30000ドル)=1,500円


の売買手数料がかかるということです。



ただ、FX業者の中には、日計り取引(デイトレード)に限り、買いと売りの片道手数料を無料にしているところや、驚くことに、売買手数料そのものを無料にしているところもあります。


こういう状況ですから、どのFX会社を選択するのかは、FXの取引をするうえで、とても重要です。



なお、FXでは、各証券会社・FX業者ごとに「最低取引単位」が設定されていて、1000通貨〜10000通貨からしか取引ができないようになっています。


当然、1000通貨の取引をするよりも、10000通貨の取引をした方が、動く金額は大きくなるため、FX初心者の方は、1000通貨から取引できる証券会社・FX業者を利用するのもいい選択だと思います。




FX(外国為替証拠金取引)のスプレッド

聞きなれない言葉だと感じる人も多いともいますが、スプレッド(spread)とは、通貨を買うときの値段(Ask)と売るときの値段(Bid)の間に生じる差額のことです。



これは外貨預金でも同じことなのですが、外貨取引をする場合、


・ 外貨を購入する場合のレート(例:1ドル=110.77円)
・ 外貨を売却する場合のレート(例:1ドル=110.72円)


この2つのレートが異なるのです。この2つのレートの差額を「スプレッド」と言います。




例えば、下の画像に、Bid(売値)とAsk(買値)という表がありますが、どちらも同じ数字ではありませんよね?


【Bid(売るときのレート)】 103.43円
【Ask(買うときのレート)】 103.44円  = 【差額】 0.01円







この差額0.01円というのが、スプレッドです。



手っ取り早くスプレッドの金額を確認したい時は、“高い方の数字から低い数字を引いた差額がスプレッド”、と覚えておくとわかりやすいと思います。



あと、このスプレッドについては、FX会社や取引通貨によって異なりますので、自分がメインに取引する通貨で、スプレッドの費用を比較することが重要です。



以上、上で説明した「売買手数料+スプレッド」の2つが、FXでかかる手数料になります。


スプレッドはFXでしか頻繁には出てきませんから、FXをはじめる出だしから混乱しそうですが、こうやって説明読んでみると意外と簡単ですよね(^^ゞ。



【限定】現金プレゼント


かんたんFX入門


FX会社 比較


FXの利益と手数料


FXで利益を出すために!


FX通貨/為替情報


FX会社 徹底解説


お勧めサイト一覧


当サイトについて

Copyright(C) 2017 FX(外国為替証拠金取引)のはじめ方 All rights reserved