FX(外国為替証拠金取引)のはじめ方 FX(外国為替証拠金取引)のはじめ方 運営スタッフ紹介 FX(外国為替証拠金取引)のはじめ方 サイトマップ


   FX(外国為替証拠金取引)のはじめ方 > 英ポンド(GBP)の特徴 為替差益とスワップに強い通貨

英ポンド(GBP)の特徴 為替差益とスワップに強い通貨


英ポンドは、かつて世界の基軸通貨として機能していた通貨で、為替相場でも代表的な通貨の一つです。



イギリスの国旗

英ポンドの基本データ

国・地域名 グレート・ブリテンおよび北部アイルランド連合王国 (イギリス)
首都 ロンドン
公式通貨 ポンド
通貨コード GBP
人口 6,085万7,000人
国面積 24万2,900平方km (日本の約65%)
中央銀行 イングランド銀行 (BOE)
格付評価(S&B社) AAA
※S&B社(スタンダード&プアーズ)は、アメリカの格付け機関です。




英ポンドの特徴

英ポンドは、イギリスの公式通貨で、米ドルが基軸通貨となる第二次世界大戦終戦前までは、英ポンドが、世界の基軸通貨(キーカレンシー)として機能していました。


なお、英ポンドは、米ドルやユーロ、円などほかの代表的な通貨と比較して、短期的に激しい値動きをする特徴がありますので、為替差益を狙って、短期売買を行うトレーダーに人気がある通貨です。




英ポンドのリスク

英ポンドは、かつて世界の基軸通貨だったという背景もあり、その流れから、今も世界的な規模の企業や各国の証券、銀行、法律事務所といった金融機関が集中しています。


また、世界でいちばん金融取引が多いロンドン市場もあるため、まず、テロの対象となりやすい国の通貨である、という地域的なリスクがあります。



また、英ポンドは、海外よりも国内での取引が盛んですので、流通量が少ない通貨です。


ですので、皆が飛びつく人気通貨よりも、大化けを狙って、ハイリスク・ハイリターンを好む投資家から短期売買での大口取引が発生しやすいので、一時的に激しい値動きをすることがよくあります。



ですので、英ポンドは、為替差益狙いで行くと、レートが大きく動いた時に大きな利益が得られる可能性もありますが、逆に大損をする可能性もある、というスリル満点の通貨です(;^_^A。




英ポンドの強み

英ポンドの強みは、なんと言っても、金利の高さにあります。


英ポンドを率いるイギリスは、国内での消費が盛んなことや、北海油田を持っており、自給率が高い国ですので、主要通貨国が製作金利を引き下げ、世界的なデフレが起きた2003年も、英ポンドだけ3%をキープしました。




※各国の政策金利は、年末時点の金利を掲載しています。



また、同じEU(ヨーロッパ連合)圏内でも、独自のイギリス経済を築いていますので、ユーロの金利引き下げに引きずられることなく、高い金利を保っています。



ですので、英ポンドの場合は、イギリス国内の消費物価上昇率や失業率といった経済状況をチェックしておくと、動向がつかみやすい通貨だと言えます。


それにしても...、日本の金利は恐ろしいほど低いですね...(-_-;)。




英ポンドでの利益の出し方

英ポンドは、金利の高さと値動きの激しさから、為替差益とスワップ金利の両方での利益が狙える通貨です。




英ポンドの為替レート




ただし、スワップ狙いでいく場合は、長期間、英ポンドを持ち続ければ持ち続けるほど利益が大きくなりますので、値動きの激しい英ポンドにロスカットされないように、注意が必要です。


例えば、レバレッジの掛けすぎや証拠金維持率スレスレの軍資金しか用意していないと、いきなり為替レートが大きく動いた時に、すぐに強制退場させられることになります。



ですので、スワップ金利狙いでいく場合は、


・ レバレッジを低めにしておく
・ 余裕を持って証拠金を準備しておく



などのリスク回避をしておきましょう。




一方、為替差益狙いでいく場合は、英ポンドはわずか1日で10円動くこともあるほど為替レートがよく変動しますので、なるべく先の動向をつかむために、チャートを読む力とイギリス経済に関する知識は欠かせません。

ですので、英ポンドはFX中級者〜向けの通貨と言われています。




英ポンドのチャート表




また、スワップ金利を狙う時と同じく、レバレッジを高く掛けすぎると、特に対円の場合は、円に対する英ポンドの価値が200円以上と高いため、証拠金も余裕を持って用意しておかなければ、一瞬、急激な値動きをした時に即退場となります(;^_^A。



ですので、FX初心者の方が英ポンドで利益を上げるには、はじめは十分な証拠金を用意してスワップ狙いから始め、徐々にチャートの見方や経済知識がついてきたら、為替差益で稼ぐ、といった取引方法がお薦めです。




英ポンドにお薦めのFX会社

英ポンドに向いているFX会社は、まず、最低限のリスク回避として、低レバレッジから始められる会社であることが前提です。


また、英ポンドは、流動性の高い米ドルやユーロに比べると、1通貨あたりのスプレッドが高いので、スプレッドが低い会社かどうかもチェックしておきましょう。




【 2006年−2016年 英国BOE政策金利 推移】
単位:%




【期間限定】【現金21,500円】などが貰えるFX無料口座開設キャンペーン
【総額:31万7,450円】FX口座開設 現金プレゼントキャンペーン[攻略法]
タダで現金を稼ぐ!証券会社の家族・お友達紹介制度 錬金術!



参考 : 目先の数字に騙されない!スワップ金利の稼ぎ方
      : 米ドルで利益を上げるには?アメリカドルの特徴とリスク
      : ユーロの特徴から為替の売り時・買い時をみる

      : オーストラリアドル 高金利な為替「豪ドル」の特徴
      : ニュージーランドドルの金利が高い理由とは?NZドルの特徴
      : スイスフラン 低金利通貨の使い方



【限定】現金プレゼント


かんたんFX入門


FX会社 比較


FXの利益と手数料


FXで利益を出すために!


FX通貨/為替情報


FX会社 徹底解説


お勧めサイト一覧


当サイトについて

Copyright(C) 2017 FX(外国為替証拠金取引)のはじめ方 All rights reserved