FX(外国為替証拠金取引)のはじめ方 FX(外国為替証拠金取引)のはじめ方 運営スタッフ紹介 FX(外国為替証拠金取引)のはじめ方 サイトマップ


   FX(外国為替証拠金取引)のはじめ方 > FXの為替変動による利益(為替差益)の仕組み

FXの為替変動による利益(為替差益)の仕組み


FX(外国為替証拠金取引)での利益の出し方といえば、まず思い浮かぶのが「為替レートの変動による利益」です。この為替レートの変動で出た利益のことを「為替差益」と言います。



「為替(かわせ)」は聞きなれない言葉なので、よく意味が分からない人も多いと思いますが、為替とは、「円やドル、ユーロ、ポンドなどの通貨を、お互いに交換すること」を意味します。



そして、この時の交換レートのことを「為替レート」と言うのです。




例えば、為替レートが1ドル=110円の時には、1ドルを買うために110円が必要になりますが、為替レートが1ドル=120円に変動すると、1ドルを買うために120円が必要になるという事になります。



そして、


・ 1ドル:110円⇒1ドル:120円になったときのことを「円安」と言います。
・ 1ドル:110円⇒1ドル:100円になったときのことを「円高」と言います。





FXで利益るためには、



・ 円高の時に、米ドルなどの外貨を買い、円安になったら売る。
例:1ドル:100円で買い ⇒ 1ドル:110円で売り ⇒ 1ドル当たり10円の利益。


・ 円安の時に、米ドルなどの外貨を売り、円高になったら買い戻す。
例:1ドル:110円で売り ⇒ 1ドル:100円で買い ⇒ 1ドル当たり10円の利益。



という風に、「買いと売り」のどちらでも利益ることができます。この点については、FX(外国為替証拠金取引)のメリットの2番目でも書きましたね。




要するに、FXでは、


・ 通貨を安く買って、高く売る
・ 通貨を高くで売って、安く買い戻す



この2通りのシンプルなやり方で、為替差益(利益)を出していくのです。簡単ですよね?




ただし、FXでは、「円:ドル、円:ユーロ、円:ポンド」というように、円と◯◯という取引(売買)だけではなく、「ドル:ユーロ、ユーロ:ポンド、ポンド:NZドル」というように、円以外の通貨の取引もできますから、



例えば、円と◯◯という為替レートだけではなく、米ドルとユーロ、ユーロとポンドといった為替レートにも気をつける必要があります。



もしかすると、「米ドルを円に替えるより、米ドルをユーロに替えた方が利益が大きい」という可能性もありますからね。それに気付かず、いつでも円に戻すと、損をすることになります。




以上、このページで書いた方法が「外貨の売買で利益を出す方法」です。




これ以外に、スワップ金利(スワップポイント)で金利収入を得る方法もありますから、どちらが自分のスタイルに合うのか、よく考えながら、取引をすると良いと思います。


もちろん、「スワップ金利を得ながら、為替差益も狙う」というダブルで美味しいスタイルを選ぶのもお勧めです。




参考 : 目先の数字に騙されない!スワップ金利の利益方




【期間限定】現金プレゼント


かんたんFX入門


FX会社 比較


FXの利益と手数料


FXで利益を出すために!


FX通貨/為替情報


FX会社 徹底解説


お勧めサイト一覧


当サイトについて

Copyright(C) 2017 FX(外国為替証拠金取引)のはじめ方 All rights reserved