FX(外国為替証拠金取引)のはじめ方 FX(外国為替証拠金取引)のはじめ方 運営スタッフ紹介 FX(外国為替証拠金取引)のはじめ方 サイトマップ


   FX(外国為替証拠金取引)のはじめ方> 楽天証券(楽天FX)

楽天証券(楽天FX)


楽天証券のFX口座(楽天FX)の解説ページです。


楽天証券で行えるFXの特徴や、便利なサービス、口座開設者だけの特典などを説明しながら、おすすめの活用方法を紹介していきます。


なお、楽天証券も、口座開設・口座管理料は完全無料となっています。


楽天証券FX 楽天証券(楽天FX)

楽天証券は、売買手数料無料、スプレッドも米ドル/円は0.5銭と取引コストがお得です。



また、楽天証券は、もともと米国株と中国株など、さまざまな取引ができる証券会社ですので、米ドルや人民元に関する投資情報も豊富です。



今や注目しておくべき投資情報としては、米ドル関連だけでなく、成長力のある中国の情報も見ておきたいところです。



楽天証券では、ダウ・ジョーンズや東洋経済オンラインなど、本来なら数万円単位の購読料がかかる投資情報も無料で見ることが出来ますので、情報収集用としても持っておきたい口座の一つです。




【楽天証券(楽天FX)の新規口座開設 特典】

楽天証券のFX新規口座開設キャンペーン!


(1) 高機能ツール「マーケットスピード」利用料無料
(2) マーケットスピード操作ガイド(非売品)プレゼント
(3) 200円分のポイントプレゼントに参加できます。






楽天証券(楽天FX)の取引概要       




楽天証券(楽天FX)の提供機能、情報一覧

取引ツール ブラウザ型 電話取引 ×
テクニカルチャート 携帯電話取引
為替情報 外貨受け渡し ×
経済指標 メールアラート
投資戦略情報 MAC OS対応 ×
アナリストレポート 即時入金対応 楽天銀行
ジャパンネット銀行
セブン銀行
三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
みずほ銀行
ゆうちょ銀行
WEBセミナー
メールマガジン



楽天証券(楽天FX)を徹底解説


楽天FXは、楽天証券という証券会社が運営しているFX部門になりますので、取引をはじめるには、総合口座を開いてからFX口座を開設します。



ただ、両方とも口座開設料や口座管理料はかかりませんし、最初に総合口座を開いてしまえば、FX口座開設はログインした後の画面から簡単に行えます。



また、2つの口座を開設することで、国内外の株式・為替情報が無料で見れるようになりますので、投資情報をたくさん入手したければ、両方とも口座開設しておいた方が便利です。



それでは、さっそく楽天証券の「楽天FX」を紹介したいと思います。




楽天証券(楽天FX)の特徴

楽天証券のFX口座(楽天FX)では、売買手数料無料で外国為替証拠金取引を行うことができます。また、スプレッドも米ドル/円は0.5銭、豪ドル/円なら1.2銭ですので、全体的に安く設定されています。


また、1日の取引回数も上限がありませんので、日計り取引(デイトレード)や短期売買には特に向いています。



なお、取引通貨ペアは、対円が中心となっており、米ドル/円をはじめ、南ア・ランド/円、ユーロ/ドルといった人気通貨ペアが22種類あります。


また、レバレッジは最大25倍までかけることができますが、FX初心者や、なるべく低リスクで長期的に取引したいという場合は、証拠金を多めにして低レバレッジで売買することも可能です。





楽天証券(楽天FX)の特殊注文

楽天FXの注文方法は、ストリーミング注文(成行)、指値、逆指値、IFD、OCO、IFOといった一般的な自動売買注文に加え、もう一つ、特殊な自動注文「ASストリーミング注文」設定をかけておくことができます。



ASストリーミング注文には、注文を実行するための条件が4種類あり、その中から事前に選んでおいた条件に当てはまると、自動的に売買が行われます。




■LIFO順 (Last In First Out/ラストイン ファーストアウト)

一番新しいポジションから古いポジションへ順番に決済されていきます(初期設定)。


■FIFO順 (First In First Out/ファーストイン ファーストアウト)

上のパターンとは反対に、古いポジションから順番に決済されていきます。


■P/L損順 (損益計算で損失順)

P/L損順では、取引単位の損失額が大きい(または利益額が小さい)ものから、順番に決済されます (スワップは計算に含みません)。


■P/L益順 (損益計算で利益順)

P/L益順を設定すると、取引単位の利益額が大きい(または損失額が小さい)ものから決済 (スワップは計算に含みません。)




特に、P/L損順やP/L益順のASストリーミング注文は、自動的にどのポジションが損失が大きいか、または、利益がたくさん出ているかを判断して決済してくれますので、保有中のポジションが多いほど活用できます。



また、仕事や時間都合で、あまりFXの取引に参加できない場合も、ASストリーミング注文を使えば、利益は最大限に、リスクは最小限に抑えることもできます。





楽天証券(楽天FX)の投資情報

楽天証券は、FX、国内株式に加え、米国株式、中国株式の取引もできる証券会社ですので、国内外の為替・経済に関する無料情報が豊富です。




<楽天証券の無料投資情報 >

・ トムソンロイターニュース
・ ラジオNIKKEI市況コメント
・ フィスコ 市況速報

・ US市況状況
日経テレコン21[楽天証券版] ⇒ 本来の年間購読料:84,000円
ダウ・ジョーンズ ⇒ 本来の年間購読料:26,250円


会社四季報 (紙面情報)年4冊発行 定価:2,000円
東洋経済オンライン ⇒ 本来の年間購読料:10,000円
・ 中国株/企業市況⇒ 本来の年間購読料:33,600円




ロイターニュースでは、「株式関連」、「アジア市場関連」、「為替マネー」、「金利関連」、「ユーロマネー」、「米株関連」など、国内外のニュース速報が確認できます。




また、楽天証券の無料口座を持っておくと、本来は年間26,250円〜84,000円の情報料を払っている有料会員でなければ見れない、日経テレコン21[楽天証券版]やダウ・ジョーンズの投資情報が無料で見れます。




日経テレコン21[楽天証券版]




ちなみに、FX専用口座(無料)を開設すると、さらに、フィスコのオープニング・イブニングコメント、ドル・為替市場概況、プロファイルチャート図、FXレポート(朝刊・夕刊・週刊)も見れるようになります。





楽天証券(楽天FX)の評価

証券会社が運営しているFXの場合、外為オンラインFXブロードネットのようなFX専門の会社に比べると、売買手数料が高かったり、為替情報も少なかったりと、正直、あまり魅力的に思ったことがありませんでした(;^_^A。



ただ、楽天証券のFXは、売買手数料がFX会社と比較しても安く、投資情報も充実していますので、FXの取引用としてもお薦めできます。




また、楽天証券では、米国株式や中国株式の売買もできますので、アメリカ(米ドル)や中国(人民元)に関する情報もかなり豊富です。



中には、本来なら購読料がかかる有料情報も楽天証券では無料で見ることができますので、情報収集(特に米ドル、人民元)用としても口座を持っておいて損はありません。





楽天証券(楽天FX)の無料口座開設は、コチラからできます。





参考 : 実践!楽天証券(楽天FX)でのIFO取引 攻略法
    : 最新・優良な経済情報を無料で読む 日経テレコン21(楽天証券版)
    : 楽天証券の高機能ツール「マーケットスピード」の使い方と活用法

    : 有料為替情報はタダで見る!FX会社を徹底活用
    : 楽天スーパーポイント活用術&楽天キャンペーン情報





【期間限定】【現金15,500円】などが貰えるFX口座開設キャンペーン
【総額:31万7,450円】FX口座開設 現金プレゼントキャンペーン[攻略]
タダで現金を稼ぐ!証券会社の家族・お友達紹介制度 錬金術!



参考 :【当サイト限定】JFXの口座開設+1取引で現金2,000円!
    :【当サイト限定】ヒロセ通商の口座開設+1取引で現金2,000円!
    :【当サイト限定】インヴァスト証券シストレ攻略(3,000円獲得!)
    :【当サイト限定】FXプライム byGMO口座開設+取引で3,000円!


    : 実践!DMMFX口座開設+取引 攻略法(現金20,000円獲得!)
    : 実践!GMOクリック証券FXのIFO取引 攻略(最大30,000円獲得!)
    : 実践!FXブロードネットのIFO取引 攻略法(現金10,000円獲得!)

    : 実践!外為オンラインでのIFO取引 攻略法(現金5,000円獲得!)
    : 実践!外為ジャパンFXのIFO取引 攻略法(現金10,000円獲得!)
    : 実践!FXプライム byGMOでのクイック入金方法





【限定】現金プレゼント


かんたんFX入門


FX会社 比較


FXの利益と手数料


FXで利益を出すために!


FX通貨/為替情報


FX会社 徹底解説


お勧めサイト一覧


当サイトについて

 Copyright(C) 2017 FX(外国為替証拠金取引)のはじめ方 All rights reserved