FX(外国為替証拠金取引)のはじめ方 FX(外国為替証拠金取引)のはじめ方 運営スタッフ紹介 FX(外国為替証拠金取引)のはじめ方 サイトマップ


   FX(外国為替証拠金取引)のはじめ方 > FX(外国為替証拠金取引)のやり方

FX(外国為替証拠金取引)のやり方


FX(外国為替証拠金取引)をはじめる前に覚えておくこととして、FXでの稼ぎ方FXのリスクを知ることも大切ですが、取引の仕方についても知っておかなければなりません。


なぜなら、どんなに稼ぎ方やリスクを理解できたとしても、肝心な、取引のしかたが分からなければ、FXはできないからです(苦笑)。



ですので、このページでは、FXのやり方(流れ)について説明していきたいと思います。




まず、取引の流れを簡単に説明すると、FXは次の手順で行います。


(1) FX会社に口座開設を行う
         ↓
(2) FX会社にログインして、取引ツールを起動する
         ↓
(3) 取引に使う資金を入金する
         ↓
(4) 取引したい通貨ペアを選ぶ
         ↓
(5) チャートや為替情報を見て、買いから入るか、売りからはいるかを決める
         ↓
(6) 実際に取引(売る、または、買う)する  ※ここで終わりではありません!
         ↓
(7) 持っていたポジションを決済する
         ↓
 利益または損失が確定して終了



この流れを見て気付いた方もいると思いますが、FXは、単純に通貨を売っただけ、または、買っただけで終わりではありません。


ある通貨を買ったら売却する、ある通貨を売ったら買い戻す、というところまで行って、初めて利益や損失が確定し、現金が増えたり減ったりする仕組みになっています。



それでは、さっそく取引の流れを一つずつ見ていきましょう。



FX会社に口座開設をする

まず、FXをはじめるには、FXができる証券会社やFX会社にFX専用の口座開設が必要です。


ちなみに、証券会社とFX会社の主な違いは、FXのほかに株式投資もできるかどうかです。証券会社の場合は、株式投資とFXの取り扱い免許を持っていますので、両方の金融商品を扱うことができます。

マネーパートナーズは、FX会社の中でも唯一、株式投資の取り扱い免許も持っています。



ただ、どちらの方が良いというのはありませんので、取引ツールの使いやすさや手数料、会社の信用力や為替情報が豊富かどうか、といった点で選びましょう。


参考 : 初心者でもわかる FX選びのコツ
    : 「FXの無料口座開設の仕方」をやさしく、丁寧に解説




FX会社にログインして、取引ツールを起動する

FX会社に口座開設を行ったら、口座番号とログインID、パスワードが郵送で送られてきますので、入力してログインします。

取引画面は、FX会社によって異なりますので、FX会社のパンフレットや利用手引きにしたがって起動してくださいね。



ちなみに、FX会社の取引ツールには、専用ソフトをダウンロードして使うインストール型のものと、FX会社に直接ログインして使う、ブラウザ型のものがあります。


専用ソフトの場合は、高度なチャート分析や特殊なツールが使えることが多いため、FXに慣れてきたら、専用ソフトが使えるFX会社もお勧めです。


一方、直接ログインして使う、ブラウザ型の取引ツールは、操作方法が簡単で分かりやすいものが多いため、初心者には、ブラウザ型の方がお勧めです。




取引に使う資金を入金する

口座開設完了の書類には、FX会社の口座に資金を入金するための口座番号が書かれていますので、その情報を元に振込みを行います。


なお、振込方法は、銀行の窓口やATMから行う一般的な振り込み方と、FX会社が提携を行ったネットバンクを利用して、インターネット上で振込みを行う、即時入金(クイック入金)の2パターンがあります。


即時入金を利用すると、振込手数料が無料になったり、24時間リアルタイムで入金が反映されるなどのメリットが多いため、なるべく即時入金を利用することをお勧めします。


参考 : FX(外国為替証拠金取引)会社 ネットバンク対応 比較
    : ネットバンク比較 得するネット銀行の選び方




取引したい通貨ペアを選ぶ

通貨ペアの取り扱い数は、FX会社によって10〜150以上とかなり差があります。

そうすると、なるべくなら取り扱い数が多いほうがよい気がしますが、米ドルや円、ユーロなど、世界的にも取引量の多い人気通貨ペアだけで取引できればよい、といった場合は、10〜20通貨ペアぐらいでも十分です。


参考 : FX(外国為替証拠金取引) 取り扱い通貨 比較




チャートや為替情報から、買いから入るか、売りから入るかを決める

チャートとは、指定した通貨ペアの一定期間のレート(通貨の値段)をグラフ化したものです。


例えば、下のチャートは外為オンラインのものですが、USD/JPYの日足となっていますので、1日ごとに米ドルが日本円に対しいくらになっているかが分かります。


為替チャート画面


また、チャートの端から端を結ぶと、米ドルは円に対して安くなっているか、高くなっているかが大まかに分かりますので、この状況では米ドルを買ったほうが利益を出しやすいか、もしくは売ったほうが良いかを見極めていきます。


あとは、FX会社やテレビ、書籍などで、取引通貨国のニュースや金融政策などのチェックも忘れないようにしましょうね。

FX会社によっては、各通貨ごとの投資情報が充実しているところや、売買戦略を無料で見れるところもありますので、フルに活用しましょう!


参考 : FXで稼ぐために、無料為替情報サービス(ツール)を活用する!




実際に取引(売る、または、買う)する

取引したい通貨ペアと買いまたは売りのどちらで取引するかを決めたら、今度は実際に取引をしていきます。


なお、最初に行う取引は、新規建て(しんきたて)と言い、損益を確定するための取引は決済と言います。また、保有中の通貨は、ポジションと言います。


(例)
・ 円で米ドルを買う ⇒ 新規建て(新規取引)
・ 米ドルを持っている状態 ⇒ ポジション
・ 米ドルを売却する ⇒ 決済(決済取引)


また、取引方法については、指定したレートになったら自動的に取引を行う自動売買注文と、取引画面に表示されている現在の値段で取引する方法の2種類があります。


参考 : IFO注文(別名:IFDO・IFD-OCO・イフダンOCO注文)とは?




持っていたポジションを決済する

ポジションとは、保有中の通貨ペアのことですが、このポジションを持っているだけでは、いくら証拠金がプラスになっていようがマイナスになっていようが、損益は確定はしません。


例えば、米ドルを買っただけでは、「1ドルを100円で買えた」というだけで、別に得したわけでも損したわけでもありませんよね?ただ交換しただけです。



ところが、「購入時は1ドル=100円で、売却するときは1ドル=105円だった」となると話は別です。100円で買ったモノが、+5円で売れたことになりますので、その差額分の利益を得たことになります。


つまり、利益や損失を確定させるためには、決済(ポジションを手放すこと)が必要なんですね。



以上が、FXの流れになります。


あとは、取引通貨を選ぶときに、いろんな為替情報を参考にしたり、取引を行う時は、自動売買注文を活用して取引するなどして、それぞれの工程の腕を磨くことによって、利益を出せる確率を上げたり、よりリスクを抑えることにつながります。



また、FX会社の中には、口座開設後に初めて取引を行うと、5,000円や10,000円といった現金プレゼントキャンペーンを行っているところがあります。


そういったキャンペーンを利用すれば、仮にマイナスが出たとしても、後から貰えるプレゼントの現金によって、元本を減らさずに実質0円で取引をはじめることも出来ますので、上手く活用して経験を積むのも手です。


ちなみに、口座開設のみや、口座開設と入金を行うだけで、FXを学ぶための参考書をくれるFX会社もありますので、こちらもお勧めです。




参考 : デモトレードでFXの練習をする!
      : 取引が条件の現金プレゼント、IFO取引を利用したかんたん攻略法
      : 市販の参考書や練習帳、非売品の入門書が【必ず】貰えます。




【期間限定】現金プレゼント


かんたんFX入門


FX会社 比較


FXの利益と手数料


FXで利益を出すために!


FX通貨/為替情報


FX会社 徹底解説


お勧めサイト一覧


当サイトについて

Copyright(C) 2017 FX(外国為替証拠金取引)のはじめ方 All rights reserved