FX(外国為替証拠金取引)のはじめ方 FX(外国為替証拠金取引)のはじめ方 運営スタッフ紹介 FX(外国為替証拠金取引)のはじめ方 サイトマップ


   FX(外国為替証拠金取引)のはじめ方 > FX(外国為替証拠金取引)のメリット

FX(外国為替証拠金取引)のメリット


「FX(外国為替証拠金取引)の最大のメリットは何か?」


と聞かれたら、やはり、


「大きなレバレッジ(てこの原理)を利かせられるので、大きな利益を出すには、大きな種銭が必要、という問題を解決している」


ことだと言えます。



FX(外国為替証拠金取引)とは?でも書きましたが、「金持ちになるには、大きな【種銭】が必要だから、まずは大きな種銭を作りなさい」といった事が、多くの”お金持ちになる方法系の本”では書かれています。


そしてこれは、確かに多くの投資において当てはまるのですが、FXについては、この法則が当てはまりません。少ない種銭(元金)で、お金持ちが稼ぐ金額と同じくらい、大きな利益を出すことが可能なのです。




それでは、このレバレッジ効果も含めて、FXのメリットを説明したいと思います。




FXのメリット1 :レバレッジ(てこの原理)を最大限に活かせる!

レバレッジとは、簡単に言うと、てこの原理のことで「小さな力で、大きなものを動かすこと」です。


つまり、FXでは、「小さな資金(元手)で、大きなお金を動かすことができる」のです。



例えば、FXでレバレッジ10倍の取引をすると、利益が出た時の金額も10倍になります。


・ 1倍のレバレッジ : 10万円の元手で、10%の利益を上げた
・ 10倍のレバレッジ : 10万円の元手で、10%の利益を上げた



上の2つのケースでは、利益の%は同じですが、レバレッジが違います。両者で得た金額を具体的に計算すると、こうなります。


・ 元金:10万円×レバレッジ:1倍×利益:10%=10万円
・ 元金:10万円×レバレッジ:10倍×利益:10%=100万円



上に示した例を見てみると、どちらとも元金は同じなのに、レバレッジ10倍の方は、10倍の利益を出していることが分かります。



これがFXの最大の魅力です。



たとえ、数円しか為替レートが動かなかったとしても、レバレッジが25倍(日本のFXでかけられる最大倍率)もかかっていれば、恐ろしい金額の利益を得ることができてしまいます。


たとえば、レバレッジ25倍で買った通貨が10円値上がりしたとしたら、利益は元金の250倍にもなるということです。



FXでは、元金(種銭)が少ない人でも、大きく利益を出せるチャンスがあるのです。




FXのメリット2:買い・売りの両方で利益を出すことができる!

ほとんどの投資では、「安く買って、高く売る」という方法で利益を出す仕組みになっていますので、その金融商品が値上がりする時しか利益を得ることはできません。


例えば、不動産の売買で利益を出すとしたら、「不動産を安く買って、高く売る」という方法で得ることはできますが、「不動産を高い値段で買って、安く買い戻す」なんていう、意味の分からない方法で稼ぐことはできませんよね?(笑)



しかし、FXでは、「高いところで売って、安く買い戻す」という方法でも利益を上げることができるので、貨幣が値上がりしていく時、値下がりしていく時の両方で利益を得られるチャンスがあります。



例えば、1ドル:120円の時に、「これからドルが安くなって、円が高くなるだろうな〜」って予想した時に、10000ドル売りの取引を行ったとします。


そして、1ドル:110円までドルが下がった時に、ドルを買い戻せば、


(120円−110円)×10000=100,000円の利益


になるのです。




FXのメリット3:24時間取引ができる!

株式投資では、取引できる時間が「10時〜15時まで」と決まっているので、昼間働いている会社員の人には、不利な点もあります。


例えば、株価の暴落に繋がるような事故が起こった時です。



昼間取引ができる人は、この暴落のニュースを見たとたん、すぐに売り注文を出すことができますが、一般の会社員の人だと、「逃げ遅れてしまう」可能性が高くなります。


また逆に、株価が値上がりしそうなニュース・発表があった場合には、昼間取引ができる人は、すぐにその株を購入することができるので、利益を得られる可能性も高くなります。



しかし、一般の会社員だと、この場合も稼ぐチャンスを逃してしまい損をします。


取引できる時間(株式市場が開いている時間)が決まっている株式投資だと、上に説明したようなリスクもありますが、FXなら大丈夫です。



FXでは、24時間リアルタイム取引ができるので、自分の空いている時間を利用して、売買をすることができます。株式投資のように、リアルタイムトレードの時間を制限されることはありません。




FXのメリット4:スワップ金利がもらえる!

スワップとは、英語で「交換」を意味します。そして、FXでいうスワップ金利とは、2つの通貨の金利差のことを指します。


例えば、米ドルの金利が3.1%で、日本円の金利が0.1%だったとします。



この場合、米ドルの方が金利が高いので、この条件で日本円を売って、米ドルを買い、日本円と米ドルの為替レートに変動がなかったなら、年間3%のスワップ金利をもらうことができます。


ただし、同じ条件で米ドルを売って、日本円を買う取引から入り、為替レートが変動しなかった場合、逆に、自分が年間3%のスワップ金利を払うことになるので注意が必要です。



・ 金利:0.1%の通貨で、金利3.1%の通貨を購入
 ⇒ 年間3%のスワップ金利が「もらえる


・ 金利:3.1%の通貨で、金利0.1%の通貨を購入
 ⇒ 年間3%のスワップ金利を「払う



要するに、金利が低い通貨を売って、金利が高い通貨を買うと、スワップ金利を「もらう」ことができ、逆に、金利が高い通貨を売って、金利が低い通貨を買うと、スワップ金利を「払う」ことになるのです。


今の日本の低金利の状況を考えれば、日本円を売って外貨を買えば、ほとんどの場合、このスワップ金利をもらうことが可能です。



ちなみに、スワップ金利は、日々変動するため、いつも同じ金利が得られるとは限りません。また、FX証券会社によっても、スワップ金利が異なります。




FXのメリット5:取引手数料が格安

FXの取引手数料は、外貨預金に比べてかなり格安です。


もちろん、FX業者によっても異なりますが、FXの取引手数料は1米ドル当たり、往復で10〜30銭ほどとなっています。



対して、外貨預金の取引手数料は、20銭〜2円となっていますから、FXと比較するとかなり割高です。


つまり、外貨取引をするなら、FXの方が低コストである分、大きな利益がでる可能性が高いということです。



取引手数料が高い外貨預金の場合、仮に、円⇒外貨に替えた時のレートと、外貨⇒円に替えた時のレートがわずかだった場合、取引手数料のせいで、マイナスになってしまう可能性もあります。


しかし、手数料が安いFXなら、わずかな為替の変動でも、利益が出る可能性が高くなります。



以上が、FXの主なメリットです。では次に、FXのデメリットを考えてみましょう。




【期間限定】現金プレゼント


かんたんFX入門


FX会社 比較


FXの利益と手数料


FXで利益を出すために!


FX通貨/為替情報


FX会社 徹底解説


お勧めサイト一覧


当サイトについて

Copyright(C) 2017 FX(外国為替証拠金取引)のはじめ方 All rights reserved