FX(外国為替証拠金取引)のはじめ方 FX(外国為替証拠金取引)のはじめ方 運営スタッフ紹介 FX(外国為替証拠金取引)のはじめ方 サイトマップ


   FX(外国為替証拠金取引)のはじめ方 > FXに役立つコラム > アルゴリズムトレードでFX市場予想

アストマックスFX アルゴリズムトレードでかんたん市場予想


※アストマックスは、FX事業から撤退致しました。当ページは、過去の参考記事としてご覧頂ければ幸いです。



アストマックスというと、FX(外国為替証拠金取引)の会社というよりも、ジャスダック上場企業のアストマックスの方が有名ですが、アストマックスFXは、そのアストマックスグループのFX専門会社です。



アストマックスFXの主な特徴としては、


最大160通貨ペアで取引できる
最低取引単位が5,000通貨と低く、売買手数料も無料 (ミニマムチャージ除く)
取引ツールが優れいている
取引の目的やレベルに応じてFX口座が選べる



といったものがありますが、中でも一番知りたいのが、アストマックスFXの最大の“ウリ”、アルゴリズムトレードの仕組みではないでしょうか。




そもそも、アルゴリズムとは何かと言うと、特定の目的を効率よく達成させるための手順のことです。例えば、このパターンから始めたら、Bのパターンで進めていくと一番効率よく目的が達成できる、といった流れですね。


それに、トレード(取引)という言葉が付いたことで、過去の為替の動きや取引データから、一番最適な売買タイミングをはかって行う取引、という意味になります。



例えば、昨日までの為替レートがこういう動きをしているから、今が売りタイミングだ!といった感じで取引します(^^ゞ。



「なぁんだ。それなら、いつも自分でやっていることと変わらないんだけど。。」



と思った方もいるかもしれませんが(笑)、アルゴリズムトレードの場合は、「たぶんこうなるだろう・・・。」という憶測や勘はまったく考慮せず、過去の数字からのみ先を予想しますので、より最適な売買タイミングをはずしにくくなる、という特徴があります。



つまり、アルゴリズムトレードの言うとおりにやっておけば、少なくとも推測や勘、あるいは感情に流されて取引するよりは、確率的に利益を狙いやすくなる(=損失する可能性が低くなる)、ということです。




こんな便利な取引ツールがあれば、誰でも早く使いたくなりますよね(笑)?




ただ、アルゴリズムトレードの元となる高性能なシステムを作れるのは、潤沢に資金を集めた機関投資家や金融機関ぐらいですので、アストマックスでは、せめてアルゴリズムトレードに近い環境を提供しますよ、というのを “ウリ” にしています。




実際、アストマックスに無料口座開設をすると、直近のデータや過去の動きから、これから市場がどんな風に変動するかを予想する、取引支援ツールが無料で使えるようになります。




アルゴリズムトレード「PUCKツール」




どのFX会社にも、今までのチャートが見れたり、過去を分析できるツールはありますが、さすがに、未来を予想するツールはありませんよね(笑)?


具体的に、1時間後のレートがいくらになるかなど、完全に未来を当てることはできませんが、少なくとも市場がどれぐらいの範囲で動きそうか、また、値動きが激しくなりそうか、安定しそうかといったことは予想してくれますので、売買タイミングを計るときにはかなり役に立つと思います。



この優秀な取引支援ツールのほかにも、アストマックスには次の特徴があります。




アストマックスFXは最大160通貨ペアの取引ができる

アストマックスのアルゴリズムトレードFXでは、最大160通りの通貨ペアで取引できます。平均的な取引通貨ペアが20ペアぐらいですので、どれぐらい豊富なのかが分かっていただけると思います。


通貨には、値動きは激しい通貨や、金利はかなり高いものなど、それぞれ違った特徴がありますので、対日本円以外でも、いろんなパターンで取引できるのは便利だと思います。



例えば、低金利のスイスフランで高金利のオーストラリアドルを買って金利差で稼げたり、原油価格が高騰したことで経済が発展してきているロシアのルーブルを取引することもできます(*^^*)。




最低取引単位が低く、売買手数料も無料

アストマックスのアルゴリズムトレードFXでは、最低5,000通貨から取引できるようになっています。


一般的な最低単位が1万通貨ですので、それよりも小額から取引できるのは、初心者の方や、低リスクで安定を重視したトレーダーの方にとっては、とても良いメリットだと思います。



また、最低単位が低いと、売買手数料がかかることが多いのですが、アストマックスは、売買手数料は無料です。


つまり、取引にかかるコストといえば、スプレッド(売値と買値の差)ぐらいですので、売買手数料も節約できます。



あと、最初のほうでは触れませんでしたが、アストマックスは、メジャー通貨以外のスプレッドも低いので、取引用としてはかなりお薦めです。



…ただ、為替情報については、外為どっとコムの方が充実しています(その代わり、売買手数料はかかる)ので、取引はアストマックス、情報収集は外為どっとコムと使い分けると良いと思います(^^ゞ。




アストマックスFXの取引ツール

アストマックスの取引ツールは、いったん専用ソフトをダウンロードしてから利用するタイプになっています。



アストマックスのアルゴリズムトレード取引ツール



使い方は、上の画像を見てもらうと分かるとおり、普段インターネットを見るときのウィンドウとよく似た作りになっていますので、使いやすいと思います。



また、アストマックスの取引システムは、スリッページ(注文価格と約定価格の差)がほとんどなく、要人発言などにより、注文が殺到している時でも安定した取引ができる、SAXO系(デンマークのサクソ銀行の取引システム)を採用しています。




アストマックスは、取引の目的やレベルに応じてFX口座が選べる

アストマックスのアルゴリズムトレードFXには、短期売買、低リスク重視など、取引の目的に応じて、3つのFX口座があります。




アストマックスのFX口座




一番左の列の「Algorithm Trade FX First(アルゴリズムトレードFX ファースト)」は、主に、短期売買やデイトレードを行う方向けの口座ですので、短時間で高利益を狙うために、レバレッジも高く設定されています。


真ん中の列の「Algorithm Trade FX Business (アルゴリズムトレードFX ビジネス)」は、いちばん標準的なFX口座で、取引通貨ペア数も160種類と多く、レバレッジも25倍〜100倍の間で取引できます。



また、最低証拠金も5万円からとなっていますので、いろんな通貨で取引したい方や、適度なレバレッジで利益を狙いたい、と言う方には、ビジネス口座がお薦めです。ちなみに、僕もビジネス口座を開設しています(^^ゞ。


最後に、一番右の列の「Algorithm Trade FX Economy (アルゴリズムトレードFX エコノミー)」は、この3種類の中では一番低リスクな口座です。



レバレッジも最大50倍までとなっており、ほかの口座よりも低く設定されていますので、FX初心者の方には特にお薦めです。



なお、どの口座を選んでも、売買手数料(ミニマムチャージ除く)や口座管理手数料はかかりませんので安心してくださいね(*^^*)。




アストマックスFXは、2006年に設立されたまだ新しい会社ですが、手数料の安さ、注文方法の種類、取り扱い通貨の多さなど、取引に関するサービスがかなり充実しており、FX業界では、まだ数が少ない楽天銀行を利用した24時間入金にも対応しています。



また、情報面に関しては、情報量トップクラスの外為どっとコムにはかないませんが(笑)、ロイターに続き、ダウジョーンズのニュース配信も2008年4月に始まるなど、これから成長が期待できる会社です。




ですので、アストマックスのお薦めの使い方としては、情報収集よりも取引用として利用すると、メリットの多いFX会社です。


あと、もちろん、口座管理手数料や、口座を開くときに手数料がかかることはありませんので安心してくださいね(*^^*)。




ミニマムチャージとは、通常は、各通貨とも最低取引単位が決まっていますが、特定の通貨だけは、取引量が少ないことから、さらに小さな単位で取引できる場合があります。


この時に、ミニマムチャージ(最少単位で取引するための手数料)がかかることがあります。ちなみに、アストマックスFXのミニマムチャージの目安は、1取引あたり5米ドル前後となっています。




※アストマックスFXは、事業撤退をしております。申し訳ございません。

もし宜しければ、「FX(外国為替証拠金取引)のはじめ方」を
  FXや資産運用に興味のあるお友達にもご紹介下さい。




【期間限定】現金プレゼント


かんたんFX入門


FX会社 比較


FXの利益と手数料


FXで利益を出すために!


FX通貨/為替情報


FX会社 徹底解説


お勧めサイト一覧


当サイトについて

Copyright(C) 2017 FX(外国為替証拠金取引)のはじめ方 All rights reserved