FX(外国為替証拠金取引)のはじめ方 FX(外国為替証拠金取引)のはじめ方 運営スタッフ紹介 FX(外国為替証拠金取引)のはじめ方 サイトマップ


   FX(外国為替証拠金取引)のはじめ方 > 11月経済指標カレンダー > 経済指標スケジュール(18日)

FX経済指標スケジュール 【2010年11月18日】


2010年11月18日(木)の経済指標です。


昨日の米ドル円は、東京市場では83.40円付近を推移していましたが、欧州市場に入ると、日経平均が堅調となったことで円売りが進み、83.55円付近まで上昇しました。

その後は、本邦輸出企業による米ドル売りによって上値が抑えられ、次いで、米経済指標結果が大幅に下振れしたことや、米10年国債利回りが低下したことも嫌気され、米ドル売りが優勢に。最後は、83.22円まで値を下げて取引を終えました。



ユーロ円は、世界第2位の清算・決済機関LCHクリアネットが、アイルランド国債の取引に必要な証拠金を30%に引き上げたことで、益々ユーロへの危機感が高まり、ユーロ売りが加速。

NY市場では、米指標の悪化により、一時的に反発したものの、ヘッジファンドやソブリン系投資家の戻り売りにより、再び値を戻される展開となり、最後は112.57円で終了しました。




本日の米ドル円は、米国債利回りの上昇も一服したことで、上昇の流れも落ち着きつつあります。次なる上昇材料が加われば、再び上値を伸ばす展開となりそうですが、明日は週末でポジションの調整も入ることから、中立的な姿勢で構えたいところです。



ユーロ円は、アイルランドへの財政懸念が増してきているため、特に、欧州の要人発言に敏感な動きを見せています。

米ドルの売買材料によって、一時的に上昇することがあっても、すぐに上値を抑えられる展開になるため、アイルランド問題が解決に向かわない限り、ユーロ売りが優勢となりそうです。




【2010年11月18日(木) FX経済指標スケジュール】


 重要度:高、 重要度:中
※前回・予想の( )内の数字は、後に発表された修正値です。
※各指標の発表時間は、状況によって変更になることがあります。



< FX初心者必見!主なFX用語を分かりやすく簡単に説明 >

■ 軟調(なんちょう)・・・為替レートがゆっくりと値を下げつつあること(=下落傾向)
■ 堅調(けんちょう)・・・為替相場が徐々に上昇しつつあること(=上昇傾向)
■ 推移(すいい)・・・時間が過ぎていくこと

■ 値を戻す・・・いったん急上昇や急落した後、急変前のもとの値段まで戻ること
■ 円転(えんてん)・・・外貨を日本円に替えること
■ リスク選好・・・景気が良くなりそうだから、積極的に投資を行うさま




参考 : 経済指標カレンダー 【2010年11月】発表予定スケジュール一覧
    : 【総額31万7,450円】簡単!現金プレゼントキャンペーン [攻略法]
    : FXで稼ぐために、無料為替情報サービス(ツール)を活用する!

    : FX・株式投資・CFD 無料口座開設等で投資本プレゼント
    : 有料為替情報はタダで見る!FX会社を徹底活用
    : 日本経済新聞(日経新聞)を無料で読む 日経テレコン21




【期間限定】現金プレゼント


かんたんFX入門


FX会社 比較


FXの利益と手数料


FXで利益を出すために!


FX通貨/為替情報


FX会社 徹底解説


お勧めサイト一覧


当サイトについて

Copyright(C) 2017 FX(外国為替証拠金取引)のはじめ方 All rights reserved