FX(外国為替証拠金取引)のはじめ方 FX(外国為替証拠金取引)のはじめ方 運営スタッフ紹介 FX(外国為替証拠金取引)のはじめ方 サイトマップ


   FX(外国為替証拠金取引)のはじめ方 > SBI証券FXでのIFO取引 攻略法

SBI証券FXでのIFO取引 攻略法


SBI証券のFX口座(SBI FXアルファ)を使って、FXの取引方法を分かりやすく紹介していきたいと思います。


FXの仕組み(ルール)は、どのFX会社でも同じですが、取引画面の操作方法や利用できる機能については、選ぶFX会社によってさまざまです。



その中でも、このページでは、SBI証券のFX口座を利用した場合のFX取引の仕方を、実際に取引を行いながら実践解説していきたいと思います。




なお、これからSBI証券のFX口座を開設する場合のアドバイスですが、まだSBI証券の証券総合口座を持ってなければ、先に、証券総合口座の開設を行なって下さい。


その後、取引画面にログインして、WEB上でFX口座開設の手続きを行うことができます。




それでは、さっそくFX口座(SBI FXα)の開き方から、即時入金 → FX口座への振り替え → FXを実践!という流れで、SBI証券でのFXの仕方を解説していきたいと思います。




SBI証券のFX口座の開設方法




まず、SBI証券の証券総合口座開設(最短3分で申し込みできます)を済ませたら、SBI証券の公式サイトからログインして、取引画面の右端にある【外国為替証拠金取引|口座開設】という画像をクリックして、FX口座開設の申し込みを行いましょう。


もちろん、FX口座も、証券総合口座やSBIハイブリッド預金口座と同じく、口座開設手続き時や口座管理手数料は無料です。




「外国為替証拠金取引」口座開設完了のお知らせ




申し込み手続きを済ませたら、2〜3日程度でFX口座開設完了のお知らせが、取引画面内のメッセージボックスに届きますので、画面の右上にある、メッセージボックスから内容を確認したら、FX口座が利用できるようになります。




SBI証券の即時入金の方法




続いて、SBI証券の証券総合口座に即時入金を行います。


即時入金の仕方はとても簡単で、取引画面の右上にある、【口座管理】【入金指示】の順番でクリックしていくと、住信SBIネット銀行ジャパンネット銀行楽天銀行など、8つの銀行から即時入金が行えるようになっています。




SBI証券の証券総合口座からFX口座に振り替える方法




そして、即時入金を行った翌営業日以降に、FX口座に資金移動を行う時は、即時入金を行ったときと同じ流れで、取引画面の右上にある【口座管理】をクリックして、【出金・振替指示】を選ぶと、FX口座に振り替えることができます。




FX口座から証券総合口座に振り替える方法




ちなみに、FX口座から証券総合取引口座に資金を戻すときは、FX口座の取引画面上で、【口座管理】【振替指示】を選択すれば移動できます。





それでは、FX口座開設と資金移動を済ませたら、さっそくIFO注文を使ってFXを実践していきます。


あと、言い忘れていましたが(笑)、今回は、米ドル/円の通貨ペアを使って、IFO取引を行います。



IFO(アイエフオー)とは、FXを行うときに使える注文方法の一つで、事前に、買い値と手放すときの売り値を指定することができる便利な注文方法です。


例えば、 「明日までに、米ドルの値段が100円になったら1万通貨分を購入し、その後、利益が出そうなら1円は確実に利益を出したいから、101円になったら売る。もし損するなら、1円以上は損したくないから、99円になった時点で売る」という注文を1度に出すことができます。



IFOを使えば、通貨を買って手放すまでの一連の取引をすべて自動化することが出来ますので、仮に、損をするときの金額を、IFOで設定できる最小額にしておけば、たとえマイナスが出たとしても、損失額もわずかで済みます。


また、FX初心者や、仕事などでリアルタイム取引に参加できない時や、FX現金プレゼントキャンペーンにも活用できますので、便利な注文方法です。




SBI証券のFX口座(SBI FXアルファ)にログインする




あと、肝心な、SBI証券のFX口座を使う時は、証券総合口座にログインして、取引画面の右側にあるメニューから【外国為替証拠金|取引】をクリックすれば、簡単に移動できます。




SBI証券FXの新規注文画面




それでは、FX口座に移動したら、画面上部にあるメニューから、【取引】【新規注文】をクリックして、新しく通貨を売買するための注文フォームを表示させます。


注文入力フォームが表示されたら、まず商品の枠で「SBI FX α」が選択されており、通貨ペアが「米ドル-円」になっていることを確認して、【3】【6】の枠を埋めていきます。


【3】 注文パターン : IFDOCO を選ぶ
【4】 取引 : 新規買 を選ぶ
【5】 執行条件: 指値 に設定する
【6】 数量 : 1 と入力


IFDOCOとは、SBI証券でのIFOの呼び方です。FX会社によってはSBI証券のように「IFDOCO(アイエフディー・オーシーオー)」と呼んだり、「イフダンOCO」や「IFDO(アイエフディーオー)」と呼ぶ会社がありますが、内容は同じです。




ここまでの入力で、次の設定を行ったことになります。

「今日中に、米ドルを1万通貨(=1万米ドル)買って、(これから指定する2つの金額のうち、どちらか片方に到達したら)売って取引を終了する」




なお、通貨の金額設定を最後にするのは、通貨の値段は変動しやすいので、IFOのように金額を指定して取引を行う場合は、入力途中で値段が変動して、また金額を入れ直すといった手間が発生することがあります。


ですので、金額のところは最後に入力するようにして、それ以外の部分を先に埋めておくと、機会損失や無駄な手間を省くことができますのでポイントです。



【ポイント1】 金額以外の枠を、先に、間違わないように入力する。
【ポイント2】 最後に、通貨の値段を入力する時は、すばやくやる!




注文金額を入力する




最後に、【1】〜【3】の順番で取引したい金額を入力していきます。


【1】 価格 : 米ドル円のAsk・買から、−0.02程度引いた数字を入力
【2】 決済(指値): 【1】の数字に、+0.01足した数字を入力
   決済(逆指値): 【1】の数字から、−0.01引いた数字を入力



最後に、取引パスワードを入力して、【注文確認画面へ】 をクリックし、次のページで内容を確認して問題がなければ、【注文発注】を押してIFOの設定を完了させます。




SBI証券(SBI FXα)でのIFO注文内容




これで、IFO注文を出したことになります。ちなみに今回は、下記の内容で注文を出しました。




今日中に、米ドルの値段が1ドル=81.68円になったら1万ドル買い、その後、81.69円(買った時より+0.01)に上がるか、81.67円(買った時より-0.01)に下がったら、売って取引を終わらせる


< 取引予想結果 >

【+0.01で売った場合】 10,000通貨 × 0.01円 = 100円の利益
【−0.01で売った場合】 10,000通貨 × −0.01円 = 100円の損





あとは、指定した金額になった時点で、自動的に取引が始まりますので、パソコンを切って出かけても良いですし、別の取引を始めても構いません。


また、IFO注文は、1回の注文で1度のみ有効ですので、勝手に同じ注文を繰り返したりすることはありませんので安心して下さい(*^^*)。もし、もう一度同じ通貨ペアや条件などで、IFO注文を行いたい場合は、新たに注文を出せば良いです。




それでは、自動売買が終わりましたので、さっそく取引結果を見てみましょう。




SBI証券FXの取引履歴




結果は、81.68円で1万通貨分の米ドルを買った後に、−0.01円損する方向に為替の値段が動いたため、−100円の損失となりました。



IFO取引結果: 10000通貨 × −0.01 = −100円



そして、取引時間は、上の画像の約定日にある通り、わずか1秒でしたので、注文状況を確認しようとした時には、もう終わっていました(笑)。本当にあっという間です。


今回の結果にある通り、IFO注文を利用すれば、取引画面にしがみついたり、自分で慌てて手放す注文を出したりしなくても、指定した金額になり次第、自動的に取引が実行されます。



また、利益が出る場合と損失が出る場合の両方を仕掛けておくことで、どちらに転んだ場合の結果も予想できますので、はじめてFXを行う初心者の人でも安心だと思います。




SBI証券のFX口座で実践したように、IFOが使えるようになると、損失を最小限に抑えながら取引を行えるようになりますので、はじめてFXを行う時や、取引の条件が含まれているキャンペーンに参加する時にも活用できます。



中には、1回取引など、FX初心者でも満たしやすい条件で現金が貰えるプレゼントキャンペーンを行っているFX会社がありますので、IFOを活用すれば、わずか10円〜数百円程度の損益で、5,000円や10,000円を手に入れることができます。




ただ、中には、キャンペーン実施期間が短いものや、締切日が決まっていない代わりに、突然終わることもあります(過去に、実際にあった事例ですが、締切日がないキャンペーンを始めたFX会社が、わずか数日後にキャンペーンを終了したことがありました)。


また、ほかのFX会社や証券会社と合併したことで、キャンペーンを止めてしまったり、締切日は同じでも、実施期間の途中から参加した人は条件が変わった事例もありますので、こういった魅力的なキャンペーンには早めに参加しておくに越したことはありません(;^_^A。




IFOが使えるようになると、


・ 損失リスクを許容範囲内に抑えて、利益を狙いたい時
・ 外出することが多く、リアルタイムで取引に参加できない時
・ 取引が条件になっている、現金プレゼントキャンペーンを利用したい時


など、いろんな目的に合わせて活用できますので、覚えておくととても便利です。




また、FXブロードネット外為オンラインなど、ほかのキャンペーン攻略法でも実践証明しているように、IFOで最小規模の取引を行なえば、



ごくわずかなリスクで、プレゼントの現金が貰えます



ので、これからFXをはじめる人は、ぜひチャレンジしてみて下さいね。



なお、SBI証券は、FX以外にも、年利1.86%(1年満期)で定期預金よりお得な「SBI債」や年利1.5%の高金利な円建て社債(元本保証)が利用できるなど、キャンペーンを行った後も口座を持っていて損のない証券会社です。


FXができる会社としては、中国の通貨(人民元)や韓国の通貨(ウォン)など、FX専門会社でもほとんど取り扱っていない通貨の取引ができますので、成長率の高い国の通貨を売買したい人にもお勧めです(*^^*)。



SBI証券&SBI FXαの無料口座開設は、コチラからできます。




【期間限定】【現金15,500円】等が貰えるFX口座開設キャンペーン
【総額:31万7,450円】FX口座開設 現金プレゼントキャンペーン[攻略]
タダで現金を稼ぐ!証券会社の家族・お友達紹介制度 錬金術!


【当サイト限定】JFXの口座開設+1取引で【現金2,000円】!
【当サイト限定】ヒロセ通商FXの口座開設+1取引で【現金2,000円】!
【当サイト限定】インヴァスト証券の口座開設+1回取引で【3,000円】!
【サイト限定】FXプライム byGMOの口座開設+取引で【13,000円】!


攻略 : 実践!GMOクリック証券FXのIFO取引 攻略(最大30,000円獲得!)
    : 実践!DMMFX口座開設+取引 攻略法(現金20,000円獲得!)
    : 実践!FXブロードネットでIFO取引 攻略法(現金12,000円獲得!)
    : 実践!外為オンラインでのIFO取引 攻略法(現金5,000円獲得!)

    : 実践!外為ジャパンでIFO取引を用いたキャンペーン参加
    : 実践!JFXでのIFO取引 攻略法(現金12,000円獲得!)
    : 実践!FXプライム byGMOのIFO取引 攻略(現金13,000円獲得)
    : 実践!SBI証券でのIFO取引 攻略法(現金80,000円獲得!)

    : 実践!楽天証券FXのIFO取引 攻略法(10,000円分獲得!)
    : 実践!トラリピ(トラップリピートイフダン)攻略法
    : FXキャンペーンを利用して終わる人とさらに知識を得る人
    : 日本経済新聞(日経新聞)を無料で読む 日経テレコン21


もし宜しければ、「FX(外国為替証拠金取引)のはじめ方」を
  FXや資産運用に興味のあるお友達にもご紹介下さい。




【限定】現金プレゼント


かんたんFX入門


FX会社 比較


FXの利益と手数料


FXで利益を出すために!


FX通貨/為替情報


FX会社 徹底解説


お勧めサイト一覧


当サイトについて

Copyright(C) 2018 FX(外国為替証拠金取引)のはじめ方 All rights reserved