FX(外国為替証拠金取引)のはじめ方 FX(外国為替証拠金取引)のはじめ方 運営スタッフ紹介 FX(外国為替証拠金取引)のはじめ方 サイトマップ


   FX(外国為替証拠金取引)のはじめ方 > マネックス証券 くりっく株365のIFO取引 攻略法

マネックス証券 くりっく株365でのIFO取引 攻略法


マネックス証券のくりっく株365口座でのIFO取引の仕方を解説していきます。


くりっく株365とは、名前に”株”という文字が入っている通り、取引の対象が外貨などの通貨ではなく、あるテーマで集めた銘柄の平均株価です。


例えば、東京証券取引所に上場している株の中から225銘柄選び、その銘柄の平均株価を日経225と言います。ほかにも、ロンドン証券取引所に上場している銘柄が対象のものなど、くりっく株365では5つの銘柄を取引することができます。




くりっく株365で取引できる銘柄について




FXで言うところの、米ドル、ユーロなど取引できる商品が5種類あるということですね。また、取引単位は、FXの場合は1000通貨や1万通貨が一般的ですが、くりっく株365では、1枚読んでいます。








上の画像は、くりっく株365の取引注文画面ですが、商品名のところは「日経225」と表示されており、数量のところは「1枚」となっています。









ちなみに、1枚ごとに必要な資金については1週間ごとに変わる仕組みになっており、マネックス証券の場合は、取引画面の【商品情報照会】で確認できますが、FXと同じで、数万円あれば取引できます。


なお、くりっく株365では1枚ごとに売買手数料がかかります(マネックス証券の場合は、157円)が、”買った時の値段よりも高い値段で売れば利益” という仕組みはFXと同じです。





それでは、次に、IFOという注文方法について簡単に説明します(すでに知っている人は飛ばしてもらって構いません、笑)。


FXやくりっく株365には、取引をするときに、値段や数量などに条件を付けて注文できる方法があります。例えば、取引したい数量を指定したり、◯◯円になったら取引する、といった条件がそうです。



そして、IFO(アイエフオー)注文の場合は、取引を始める時と手放すときの両方の条件を指定することができますので、銘柄を買って手放すまでの一連の注文をまとめて出すことが出来ます



例えば、 「日経225が8,000円になったら買う。その後、1円は確実に利益を出したいから、もし8,001円になったら売る。でも反対に損することになったら、1円以上は損したくないから、7,999円になったら売る」という、3つの注文が1度に出せます。




つまり、IFO注文を使うことで、事前に何円の損益が出るかを予想できるようになりますので、仕事などですぐに取引に参加できない時や、最低◯円は稼ぎたいけど、◯円以上損するのもちょっと・・・という時に便利な注文方法です(*^^*)。



例えば、許容できる損失額を最小限にしておけば、もしマイナスが出たとしても、痛手は最小限に抑えられますので(苦笑)、くりっく株365の初心者や簡単な取引が条件になっている現金プレゼントキャンペーンにも活用できます。




マネックス証券FXのキャンペーンで獲得した現金プレゼントの履歴




上の画像は、実際にマネックス証券のキャンペーンに参加したときのキャッシュバック履歴ですが、現在もマネックス証券では、FXや株式投資の口座でも現金プレゼントキャンペーンを行なっています。




マネックス証券の新規口座開設キャンペーン




実践証明!マネックス証券FXのIFO取引 攻略法(現金39,000円獲得)
実践証明!マネックス証券での株取引 攻略法(現金2,000円獲得!)




マネックス証券のキャンペーンの流れ&プレゼント概要




また、それぞれのキャンペーンごとに現金を貰うための条件がありますが、できるものだけに参加した場合でも、その分のプレゼントを貰うことができます。


ですので、株式投資やFX、くりっく株365の経験がまったくない未経験者でも安心して参加出来ますので、これからマネックス証券に口座を開設する人は、ぜひ参加してみて下さいね(*^^*)。





それでは、マネックス証券でくりっく株365取引を始めるために、券総合取引口座を開いたら、ログイン後の取引画面から、くりっく株365口座を開設しなければなりませんので、そのやり方を紹介したいと思います。




マネックス証券のくりっく株365口座を開く手順〜その1〜




マネックス証券の取引画面にログインしたら、画面の右上に、【その他商品サービス】というメニューがありますので、クリックすると、【くりっく株365】という項目がありますから、続けて選択します。




マネックス証券のくりっく株365口座を開く手順〜その2〜




くりっく株365の紹介画面が表示されたら、口座開設の手続きができる画像がありますので、クリックして申し込みを行います。



なお、マネックス証券では、証券総合取引口座さえ開設していれば、くりっく株365の口座を開設できますので、本人確認書類や印鑑なども要りません。時間も手間もかかりませんので簡単です。


また、くりっく株365の取引画面に移動する時も、マネックス証券の取引画面にログイン ⇒ 【その他商品サービス】【くりっく株365】をクリックするという、今の手順で移動しますので覚えておきましょう。




続いて、マネックス証券に入金を行う方法ですが、取引画面上で操作できる即時入金サービスを利用すれば、振込手数料無料ですぐに入金できますので、銀行やATMから振り込むよりもはるかに楽です。


即時入金の仕方は、取引画面にログインして、画面の上部にある、【入出金】【入金指示】をクリックすれば、6つの銀行から即時入金が行えます。




マネックス証券の証券総合口座に入金する方法




< マネックス証券の即時入金に対応した銀行一覧 >

ジャパンネット銀行
楽天銀行
三菱東京UFJ銀行
ゆうちょ銀行
三井住友銀行
みずほ銀行




続いて、証券総合取引口座からFX口座に資金を移す時も、取引画面の上部にあるメニューから【入出金】をクリックして、【保証金振替】を選びます。




証券総合取引口座から、くりっく株365口座に資金移動をする方法




保証金振替ページに移動したら、くりっく株365の欄の【証拠金振替(取引所株価指数証拠金取引)】をクリックすると、くりっく株365口座への資金移動画面へと進みますので、移動させいたい金額を入力して手続きを済ませます。




証拠金振替指示(お預かり金→くりっく株365(証拠金))




なお、くりっく株365口座の資金を証券総合取引口座に戻すときは、くりっく株365口座の取引画面から手続きを行います。




くりっく株365⇒証券総合口座への出金方法




上の画面がくりっく株365口座の取引画面ですが、資金を戻す時の手続き方法も全然難しくありませんので安心して下さい(*^^*)。


それでは、くりっく株365口座に資金移動も済ませたら、さっそくくりっく株365の取引画面にログインして、IFO注文を使った取引を実践してみましょう。




マネックス証券くりっく株365のログイン画面




くりっく株365では、取引を行うときにパスワードを入力しますが、もし初期パスワードが分からない時は、取引を始める前に、証券取引画面の上にあるメニューから【その他商品サービス】【くりっく株365】をクリックすると、次のページでパスワードを確認できるリンクがありますので、ここでチェックしておきましょう。




マネックス証券のくりっく株365の取引画面




くりっく株365口座に移動したら、画面の左側にある取引メニューから、【IfDoneOCO注文】をクリックし、右側に注文フォームが表示されたら、取引したい商品の種類と売り買いの区別、執行条件を選択しておきます。


(順序)
【1】 【IfDoneOCO注文】をクリック
【2】 商品:日経225 を選ぶ
【3】 売買: を選ぶ
   執行条件: 指値 を選ぶ
【4】 有効期限: 当日 を選ぶ
※GTCとは、注文を取り消すまで有効という意味です。



IfDoneOCO注文(イフダン・オーシーオー注文)とは、マネックス証券でのIFO注文の読み方です。

また、【3】の売買とは、売りから取引を始めるか、買いから始めるかを選ぶ項目になります。例えば、売りから始める場合は、売った値段よりも安い値段で買い戻せたら利益が出ます。


(利益が出る方法)
【売りから始める】 高い値段で売って、安く買い戻せたら、差額分が利益になる
【買いから始める】 安く買って、高い値段で売れれば、その差額分が利益になる



なお、執行条件とは、取引を始めるときに、金額を指定するかどうかです。例えば、◯◯円になったら買うという場合は、値段を指定するために、”指値(さしね)”を選択します。逆に、現在取引されている値段でそのまま取引する時は、”成行(なりゆき)”を選びます。


ちなみに、時々FX会社や証券会社などで見かけるトリガー(トリガ)とは、指定した値段に達したら、注文を実行するという意味です。


・ トリガー(成行) ⇒ 指定した値段に達したら、すぐに成行で取引する
・ トリガー(指値) ⇒ 指定した値段に達したら、指値になった時点で取引する


トリガー(指値)とは、例えば、1,000円でトリガーを仕掛けて、続いて1,050円の指値を指定しておきます。すると、現在の取引値が1,000円に達した時点で、”1,050円になったら取引する”という注文が作動する、という仕組みです。



トリガーとは、そもそも”銃の引き金”の意味ですので、FXやくりっく株365などで用いる時は、注文を実行するキッカケとなる値段を指しています。




マネックス証券くりっく株365の気配値画面




続いて、レート表の見方を簡単に説明したいと思います。上の画像を見ると、商品名ごとに、買数量・買気配・売気配・売数量という項目が並んでいます。

買数量と買気配とは、何円だったら買いたいという注文(=買気配)が、何件(=買数量)入っているという状況が表示されています。



例えば、上の表では、日経225が1枚あたり8,452円になったら買うという注文が500件入っています。ですので、この値段になったら、買い注文を出した順番に取引が成立していきます。


そして、売気配と売数量とは、8,456円になったら売るという注文が498件入っていることが分かるようになっています。




マネックス証券くりっく株365のIfDoneOCO注文フォーム




それでは、取引の続きですが、有効期限まで選択したら、


■ 数量: 1 と入力
■ 価格: 日経225の現在の売気配より小さい数字を入力
※売気配の価格は変動しやすいので、約2円〜10円小さい数字であればOKです。




ここまでの入力で、次の設定を行ったことになります。

今日中に、日経225が8,447円になったら1枚買って、これから指定する2つの値段のうち、どちらか片方に達したら売って取引を終了する」



なお、値段を入力する時は、参考元になる現在の取引値は常に動いていますから、先に、金額以外の枠を埋めていき、最後に金額を入れるようにすると、入力途中で値段が変動して、また金額を入力し直すといった手間を防ぐことができます。



【ポイント1】 はじめは、金額以外の枠を埋めていく。    
【ポイント2】 金額の入力欄は、最後にすばやく入力する!




決済時の注文価格を設定する




続いて、【1】と【2】の枠を埋めていきます。


【1】 有効期限 : 当日 を選ぶ
【2】 価格: 最初に入力した数字(黄緑の枠)に+1円足した数字を入力
   トリガ価格: 最初に入力した数字から、−1円引いた数字を入力



最後に、【確認】をクリックし、次のページで内容を確認したら、【注文実行】をクリックしてIFO注文完了です。




マネックス証券のくりっく株365注文照会




今回は、次の条件でIFO注文を出したことになります。




今日中に、日経2258,447円になったら1枚買い、その後、8,448円(買った時より+1円)に上がるか、8,446円(買った時より−1円)に下がったら、売って取引を終了する





あとは、指定した値段になった時点で、取引システムが自動的に売買をはじめますので、別の注文を出したり、休憩など他のことをしても構いません。


なお、IFO注文は、1回の設定でその1回のみ有効ですので、勝手に同じ注文を繰り返すことはありません。




それでは、IFO注文のしかたを説明している間に、自動売買が終わったようですので、取引結果を見てみましょう。




マネックス証券くりっく株365の取引履歴




結果は、−500円となりました。



IFO取引結果: 100円 × −5 = −500円



内訳は、まず8,447円で1枚買った後に、8,446円(−1円)に値段が下がったため、すぐに持っていた1枚を手放す取引を行ったところ、成立時の値段が8,442円になったため、−500円となりました。


あとは、くりっく株365では1万通貨につき157円の売買手数料がかかりますので、実際には、314円(1枚取引×2回)がかかっていることになります。





IFOが使えると、損失を最小まで抑えながら取引を行えるようになりますので、はじめてくりっく株365やFXを行う時に便利です。




マネックス証券FXのキャンペーンで獲得した現金プレゼントの履歴




また、マネックス証券FXで行われている現金プレゼントキャンペーンや、ほかのFX会社で実施中の口座開設キャンペーンでもIFO注文を活用すれば、わずか10円〜数百円程度の損益で、5,000円や10,000円を手に入れることもできます。



ただ、中には、キャンペーン実施期間が短かったり、締切日が決まっていない代わりに、突然終了してしまうこともあります(実際に数社ありました)ので、こういった魅力的なキャンペーンには早めに参加しておくことをお勧めします。




IFOが使えるようになると、


・ 損失リスクを許容範囲内に抑えて、利益を狙いたい時
・ 外出することが多く、リアルタイムで取引に参加できない時
・ 取引が条件になっている、現金プレゼントキャンペーンを利用したい時


など、いろんな目的に合わせて活用できますので、覚えておくととても便利です。




また、FXブロードネット外為オンラインなど、ほかのキャンペーン攻略法でも実践証明しているように、IFOで最小規模の取引を行なえば、



ごくわずかなリスクで、プレゼントの現金が貰えます



ので、これからFXをはじめる人は、ぜひチャレンジしてみて下さい(*^^*)。




マネックス証券FXの無料口座開設は、コチラからできます。



マネックス証券「FX PLUS口座」での、IFO取引を実践解説!
マネックス証券「大証FX口座」での、IFO取引を実践解説!
マネックス証券「証券口座」での、株取引の仕方を実践解説!




マネックス証券では、不定期でお得な社債を募集しています。

個人向けマネックス債(マネックス証券 社債)の格付け・評判・リスク
RBS債(ロイヤルバンク・オブ・スコットランド・ピーエルシー円建て社債)
 「利率:1.5%(満期:4年) マネックス証券にて申込」
バークレイズ・バンク・ピーエルシー ユーロ円建て社債


参考 : マネックス債で賢く運用!定期預金よりお得な債券
    : 【年利1.5%の高金利】 円建て個人向け社債が再登場!
    : マネックス証券、主要株式サイトから知りたい情報を一括検索

    : 貸し株・預株制度のメリット・デメリット
    : マネックス証券の家族・お友達紹介制度 錬金術
    : 外貨預金にお勧め!マネックスFXの説明



【期間限定】【現金15,500円】等が貰えるFX口座開設キャンペーン
【総額:31万7,450円】FX口座開設 現金プレゼントキャンペーン[攻略]
タダで現金を稼ぐ!証券会社の家族・お友達紹介制度 錬金術!


【当サイト限定】JFXの口座開設+1取引で【現金2,000円】!
【当サイト限定】ヒロセ通商FXの口座開設+1取引で【現金2,000円】!
【当サイト限定】インヴァスト証券の口座開設+1回取引で【3,000円】!
【サイト限定】FXプライム byGMOの口座開設+取引で【13,000円】!


攻略 : 実践!GMOクリック証券FXのIFO取引 攻略(最大30,000円獲得!)
    : 実践!DMMFX口座開設+取引 攻略法(現金20,000円獲得!)
    : 実践!FXブロードネットでIFO取引 攻略法(現金12,000円獲得!)
    : 実践!外為オンラインでのIFO取引 攻略法(現金5,000円獲得!)

    : 実践!外為ジャパンでIFO取引を用いたキャンペーン参加
    : 実践!JFXでのIFO取引 攻略法(現金12,000円獲得!)
    : 実践!FXプライム byGMOのIFO取引 攻略(現金13,000円獲得)
    : 実践!SBI証券でのIFO取引 攻略法(現金80,000円獲得!)

    : 実践!楽天証券FXのIFO取引 攻略法(10,000円分獲得!)
    : 実践!トラリピ(トラップリピートイフダン)攻略法
    : FXキャンペーンを利用して終わる人とさらに知識を得る人
    : 日本経済新聞(日経新聞)を無料で読む 日経テレコン21


もし宜しければ、「FX(外国為替証拠金取引)のはじめ方」を
  FXや資産運用に興味のあるお友達にもご紹介下さい。




【限定】現金プレゼント


かんたんFX入門


FX会社 比較


FXの利益と手数料


FXで利益を出すために!


FX通貨/為替情報


FX会社 徹底解説


お勧めサイト一覧


当サイトについて

Copyright(C) 2019 FX(外国為替証拠金取引)のはじめ方 All rights reserved